• ホーム
  • 突然検索順位が下落!Googleアルゴリズムの仕組み

突然検索順位が下落!Googleアルゴリズムの仕組み

2019年07月30日

Googleの検索エンジンはGoogleアップデートとともに常にそのアルゴリズムを改善されており、同じキーワードやURLで一度効果が合って順位を向上させたやり方で有っても、ある日突然その評価を落としてしまうことがあります。Googleアップデートにはペンギンアップデートとパンダアップデートと呼ばれるものがあり、これら二つがSEO評価や検索順位には大きくかかわっています。
ペンギンアップデートは主にスパムや低品質なサイトからの被リンクなどの調査を主に行われるもので、そういったサイトとのつながりが大きいほどペナルティを受ける可能性が出てきます。これは一昔前にブラックハットなどと呼ばれる、要するに機械的なモノや金銭などの手段で関係も無いような被リンクを水増ししたり、それにより検索順位を上位に操作すると言った様な、GoogleのSEOを欺くような形での順位向上をしようとした手法があり、実際にこのペンギンアルゴリズムが実装されるまでは、この手法で一定の成果を得られていました。こういったスパムやダミーで作った低品質でただ被リンク数を上げるだけと思われるサイトからの接続を審査している物なので、更新頻度が極端に低いサイトなどの被リンクを定期的に削除しておかないと引っかかることがあります。
次にパンダアップデートですが、こちらはペンギンに対してサイト内のコンテンツの質やオリジナリティなどを審査しているアルゴリズムです。当然自サイトの中で重複コンテンツは低評価対象となりますし、先に建てた時にはオリジナルでも徐々にそのコンテンツが知れ渡れば他サイトでも重複コンテンツが出てくるでしょうから、時間が経てば低評価に成るのはこの点も大きな要因と言えます。さらにコンテンツとキーワードが一致しているかや、サイトとして利便性が良いかなども審査対象となっているようで、サイトマップなどをはじめとしたサイト内での利便性を上げる事もこれらの評価につながると言えます。
もちろん二つのアップデートを基本に話をしましたが、使っているサーバーやURLに予期せぬアルゴリズムの変化などで低評価を受ける可能性は常について回りますので、特に中古ドメインを手にする場合などには、そのドメインやサーバーの運用履歴をもう一度見直して、Googleアップデートの内容と照らし合わせて、低評価につながる部分が無いかを逐次確認しておくことが順位降下を回避することに繋がります。

関連記事