• ホーム
  • 検索順位を上げる為にSEO対策を取り入れる

検索順位を上げる為にSEO対策を取り入れる

2019年04月20日
PCを見ている男性と女性

検索順位を上げて、アクセス数やPV、クエリを稼ぐことによってビジネスチャンスを作るにしても、どうやれば順位が向上するのかを知らなくてはなりません。そのために関わってくるのが、Google検索などの検索エンジンが、どうやってそれを格付けしたり判定しているかを先ずは知る必要があります。
この時によく耳にする言葉がSEOという言葉で、これはSearchEngineOptimizationの各頭文字を取った言葉で要するに検索エンジン最適化の事です。Google検索をはじめとした各種検索エンジンはそれぞれに、このSEOを持っていてそれぞれが独自アルゴリズムに基づいて検索順位を付けています。それは単純に特定のサイトがユーザーファーストで良質なコンテンツを提供しているかという事ばかりではありません。これらの独自アルゴリズムには大抵の場合に、機械的に自動で定期的に巡回しているクロールなどと呼ばれる仕組みと、不定期なタイミングなどで行われる人の手によるチェックの大きく分けて二つの仕組みが取られていることが多いです。
まず機械的な審査の方ですが、これは単純に数値化しやすい物を審査していると見て間違いありません。例えばクエリの数やアクセスの数、クリック率やどういうワードでユーザーがこのサイトに来ているのかなどなど、ブログなどの単純なクリック数など分かり易いというよりは、数値化しやすい部分だったり、このサイトがどういうインデックスに反応する様なサイトであるかの判定を行っています。クロールなどと呼ばれるサイトをデータ的に処理して数値的にそのサイトが、どの程度閲覧されているかとかどういうワードが含まれているかなどを判定しており、当然クリック率が高いサイトほどここでの評価は高くなります。逆にそのサイトがカテゴリ違反などで通報された数なども、この判定基準となりあくまでもこの段階では通報内容ではなく数がその指標に成ります。
次に人の手で確認が行われるSEOですが、上で言った通り自動的な機械が行うアルゴリズムでは限界があります。例えば、このサイトはデータ上には存在するのに特定のインデックスが存在しないというケースです。これは検索ワードには引っかかる、クロールを行うと特定のワードが存在することになっているのに、文字サイズが0の状態で内部的にデータのみでワードが存在して居たりするケースがあります。つまりはサイト運営側の作為的目隠しの様なモノや、通報内容の真偽を確かめるのにも機械的判断だけでは不十分なところも出てきます。また実際に人の目で見てユーザーファーストの良いサイトで有るかなど、この段階でさらに細かなSEOの評価が行われると思って間違いありません。これらの判定基準を大筋でも知っておくことが検索順位を意識する際には重要になります。

関連記事