• ホーム
  • サイト内コンテンツを改良し内部対策を施すやり方

サイト内コンテンツを改良し内部対策を施すやり方

2019年06月16日
パソコンを使っている手

次にSEO内部対策に関してですが、これは高品質コンテンツが何よりも重要です。目玉となるコンテンツが無くてはどんなキーワード調整を行ったり、サイト内の行き来を良くしたとしても、注目を集める物が無くては滞在時間を長くとることはできませんし、ユーザーの離脱率低下を狙うことは難しいです。
ユーザーが特定のワードで検索を行って新しいサイトを検索する場合に、その検索意図はいくつかの種類があります。暇をつぶすために遊べるとか長く時間を使える興味を惹かれるサイトを探す時や、何かの調べものをしている際に特定の物体や単語に対してピンポイントに調べものをする場合と、後は何かしらの暇つぶしの際に気に留めたワードを検索する時です。この2番目と3番目は非常に似ていますが、決定的に違うのは必要に際して調べものをする際には必要な答えが見つかるまでは何ヶ所でも情報のあるサイトを探してそのワード一つを検索することに成りますが、3番目に分類されるその場で気に留まったくらいの単語には、その知識欲が満たされた時点で検索意図は満たされてしまうので終わってしまうという事です。
この話を聞くと、一見して2番目の必要に応じた単語に対応したサイトの方が何度も検索される可能性があったり滞在時間が長くなる様に思えますが、これは全くの逆です。2番目の様なある特定の意図と目的意識を持って検索する場合には、必ずその必要な条件が満たされてしまうとその人がまた検索するには何かしらの新しい情報が追加されたりリライトされないと起こりません。逆に3番目の意図は興味を示したという事でその人の趣向に何かしらの波紋を作ったことに起因しています。もちろんそういう興味本位で検索するだけなので一過性の可能性はゼロではありませんが、もしその時にさらに興味を惹く高品質コンテンツに巡り合ったなら、それは滞在時間を多く費やしてくれることとなりますし、何度もリピーターを得る可能性を生み出します。離脱率低下が目に見えてくることでSEO内部対策に大きく貢献してくれることも見込めますので、こういったひと時の興味を向ける様な内容にキーワード調整は行うほうが可能性があると言えます。
ただ、専門的な知識や特定の人間しか知らない情報などは誰しもが求める物で有り、長い時間の滞在は見込めなくても特定のサイトに集中する傾向があるなど、集客力の上で魅力があるのも事実です。ただ、ネット社会となった昨今で、こういった独自勢のある情報はどこかしらで出回ってしまうので一定時間でサイト情報のリライトを求められるので、最新情報を常に更新し続けるという難しさがあるのも事実です。

関連記事